熱帯魚の飼い方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://cory.blog80.fc2.com/tb.php/38-5d2185cf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

原種ディスカス / 熱帯魚の飼育・飼い方

原種ディスカスは、改良種に比べて色合いが地味なせいか低く見られがちな熱帯魚ですが、手を加えない自然の美しさは人工美にはない魅力があります。

10月から4月にかけて、水槽飼育しやすい15センチ前後の原種ディスカスがまとまって輸入されますので、ディスカスを飼う予定であればこの時期にすると良いでしょう。

それ以外では、東南アジアで大量に養殖されているレッドディスカスや3センチ前後のブラウンが手頃といえるでしょう。またグリーンやブルーも比較的大きなサイズで輸入され、しかも安いので購入しやすいですね。

ディスカス3原種のディスカスは、ヘッケルを除けば他の熱帯魚が一緒にいるようなコミュニティ・タンクの中でも飼育することができます。ただし、主に流れのゆるやかな場所や湖の岸辺などで流木の根元や水草の生えている薄暗いところに生息していますので、同じような環境を水槽内でも作るようにします。

また、ディスカスが生息する川の水はブラックウォーターと呼ばれる薄茶色の弱酸性の水ですので、ピートモスなどを使って水槽の水もそれに近い水質にしてあげましょう。

水温は26~28℃に設定するのが理想的です。水が古くなりすぎると、ヒレがぽろぽろになってしまったりするので、週に1~2回、3~2分の1程度の水を定期的に換えるようにこころがけてください。

ディスカスはイトミミズやアカムシなどを好んで食べる熱帯魚ですが、同じものばかり与えていると内臓障害を起こしやすくなりますので、バランスのとれた人工飼料もメニューに加えてバラエティのあるようにします。最初は人工飼料に慣れないかもしれませんが、イトミミズに混ぜたりして工夫すれば、いずれは食べてくれるようになります。



スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://cory.blog80.fc2.com/tb.php/38-5d2185cf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

新しい熱帯魚記事

熱帯魚のおすすめ

熱帯魚友達申請

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
熱帯魚熱帯魚の飼育熱帯魚の飼い方