熱帯魚の飼い方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1. コリドラスとは~コリドラス / 熱帯魚の飼育・飼い方

1. コリドラスとは

コリドラスは南米に広く分布するナマズの仲間です。ナマズといえば多くの人がグロテスクな魚を想像してしまうようですが、コリドラスはそのイメージとは逆に大きな愛らしい眼をクリッとさせた、かわいらしい熱帯魚なんです。

コリドラス1かろうじてナマズを思わせるのは、口元にあるヒゲぐらいなものでしょう。コリドラスは水槽の中でも、砂の中や底に沈んだ餌を探しながら水底をチョコマカと絶えず動きまわっているので、昔から掃除屋さん、水槽の脇役として親しまれてきました。

また一方では、百種類を超えるといわれる種類の豊富さと、同じ種類でも色や模様にかなりの違いが見られることからコレクションをする愛好家も多く、水槽の脇役から主役へと変わりつつある魅力的な熱帯魚です。

コリドラスは性格もやさしくて、同じ仲間はもちろん、他の魚にもイタズラをすることがほとんどありません。いろいろな魚を泳がせた水槽の住人として一番オススメしたい熱帯魚です。

コリドラスなら、数多い種類の中からきっとあなた好みのコリドラスが見つかるはず。中には飼育の難しい種類もいますが、だいたいの種類はとても飼育しやすいという点も初心者向きの熱帯魚といえます。



スポンサーサイト

2. コリドラスの飼い方~コリドラス / 熱帯魚の飼育・飼い方

2. コリドラス飼い方

水槽の大きさ

小さめのコリドラスを少ない数で飼うのであれば30センチ水槽でも充分ですが、他の魚と一緒に飼う方が多いでしょう。管理のしやすさという点からも60センチ水槽がおススメです。

ろ過

水をろ過するためのフィルターは、底面フィルターでも上部フィルターでも問題ありませんので、あなたの好みと一緒に入れる熱帯魚に応じて使いわけて下さい。

またコリドラスたちは、水中に含まれる酸素が多くて流れのある環境を好みますので、フィルターから水が出る所を工夫して水中に空気がよく混ざるようにしたり、水槽内に流れができるようにしてあげると良いでしょう。

コリドラスが好む水温と水質

コリドラス2コリドラス熱帯魚としては低めの水温を好みます。だいたい22~25℃の範囲が一番良いようです。コリドラスだけを飼育するなら水温はなるべく低めに設定すれば良いのですが、ほかの熱帯魚たちと一緒にする場合、25~27℃ぐらいにしてもコリドラスにはほとんど問題ありません。

ただし、夏の暑い時期に水温が30℃を越えるような日が続いてしまうと、調子をおとすことが多いので、高すぎる水温には注意しましょう。

コリドラスは一般的に弱酸性から中性の水を好みます。でも、水質に神経質なのは南米から輸入された直後のコリドラスたちで、一度水になじんでしまえば、急激な変化さえなければどんな水質でも大丈夫です。養殖コリドラスにいたっては、水道水を中和させただけの水でも問題ありません。




3. コリドラス水槽のレイアウト~コリドラス / 熱帯魚の飼育・飼い方

3. コリドラス水槽のレイアウト

コリドラス3
水底で生活するコリドラスにとって、底砂は意外と重要な要素なんです。水のpHを上げないという点を考えれば大磯砂を敷くのが無難ですが、砂をほじくる習性がある彼らにはできるだけ角ばっていない丸い粒の底砂を選んであげてください。

あまり角がある砂ですと、コリドラスの大事なロヒゲを傷めてしまうこともあします。その点、川砂は大磯砂に比べて細かい粒なので理想的なんですが、砂の採集場所によってはpHを上昇させて水をアルカリ性にしやすい物質を含んでいることもあしますので注意してくださいね。

そこで、大磯砂を一度フルイにかけて選別した細かい砂を使うのがおススメです。ただし砂が細かすぎると底面フィルターでは目づまりを起こしやすいので、上部フィルターや投げ込み式のフィルター、スポンジフィルターなどを使った方が良いかもしれません。

コリドラス水槽には自分の好みで水草や流木をうまく配置しましょう。隠れ家になるような場所をつくってあげるとコリドラスも精神的にも落ち着きます。また、コリドラス水槽にはアマゾンソードなどの水草がよく似合いますが、あまりたくさん植えないで、餌を食べたり泳ぎ回るスペースを作ってあげましょう。



4. 毎日の管理~コリドラス / 熱帯魚の飼育・飼い方

4. 毎日の管理

コリドラスはイトミミズを好んでたべますが、アカムシや人工飼料もよく食べてくれます。ただし、コリドラスは水底を生活の場としているので、底に落ちた餌しか食べませんので注意してくださいね。

コリドラス4たとえば他の魚と一緒に飼っていると、餌が底に落ちるまでに全部食べられてしまい、下にいるコリドラスまでいきわたらないことも多くあります。よく観察しながら餌をあげましょう。水面に浮きやすいフレーク状の餌よりも、固形で重みのあるタブレット状の餌の方がコリドラスには向いています。

また、イトミミズを与える時は底に沈めた小皿や器などに入れてあげると、コリドラスが食べる前にイトミミズが砂の中に潜ることもなく、ある程度の間いつでも食べれる状態になっているので便利です。ぜひ試してみてください。

コリドラスは意外と大食漢ですので、水も汚しやすい熱帯魚です。週に1回、2分の1から3分の1の部分的な水換え、そして1~2ヵ月に1度程度の大掃除をこころがけてくださいね。




Extra

新しい熱帯魚記事

熱帯魚のおすすめ

熱帯魚友達申請

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
熱帯魚熱帯魚の飼育熱帯魚の飼い方